コミュニケーション

報連相って・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『何度言ったらわかるんだ』

上司のこういう言葉を耳にする時があります。
逆に言えば、
『何度言っても伝わらなかったからわからない』
のかもしれません。
上司が出来ると思っている当たり前のことが、
部下には出来ないのかもしれません。
もっと言えば、出来ないのではなく
部下たちに真意が全く伝わっていないもかもしれません。

 

報・連・相って?

例えば『報・連・相』という言葉を例にとって考えてみましょう。
『ほうれんそう』っていう標語って、実は、すごく曖昧だと思うんですね。

何を報告するの?連絡との違いってなに?
いつ?報告すればいいのか?
どの程度の内容で報告・連絡すればいいの?
報告する事で嫌われたりしないの?
何でも相談してと言われても何を聞けばいいのか?
相談しても、「時と場合によるからなぁ…」というような曖昧な返事。

『ほうれんそう』という一言で済ませている言葉には定義が曖昧で、
組織ごとにルールが明確になっていないのがほとんどです。

報告・連絡・相談と言われても、
やっているつもりの部下がいるかもしれません。
特に新入社員や中途採用の人材は、
職場での「暗黙の了解」を知らないので、
上司の言っている事の本当の意味が分からなくて当然です。

言葉以外の方法の方が伝わる場合も

あるいは『ほうれんそう』という言葉ではないのかもしれません。
実際、私自身も『報告・連絡・相談』と社員から来るようにせずに、こちらから『どんな状況かな教えて』という言葉を多く使います。
もしかして、それ以外の言葉でも社員たちが『あっ』と気づく言葉があるのかもしれません。

私が何を言いたいのかというと、
『ほうれんそう』という一言でも、
新入社員や中途採用の場合は特に、
細かく指導しなければいけないし、
あまりにも抽象的な言葉だということです。

「ほうれんそう」という一言で伝わらないのであれば、
我々経営者は、
それ以外の言葉で伝えようと努力しなければいけません。
言葉で伝わらなければ、
実際に見せてあげることも方法の手段でしょう。
メンバー一人一人の仕事の範囲や進め方や優先順位の決め方を、
一緒に進めてあげるのも有効かもしれません。
たった一言で
『報告・連絡・相談』を連発しているのであれば、
他の言葉や方法を考えてあげることのほうが、
メンバーのためになると思います。

たった一つのことをメンバーたちに伝えるために
何時間も勉強したり、考えたりしての『上司』ですから。

『ほうれんそう』だけで終わるのは、
私からすると『上司』ではなく『似非評論家』ですから・・
誰でも言えます。

仕事中にミスしたメンバーがいる。
『何度も言ったよね』となるケースが多いのですが
本当にそうでしょうか?

確かにそうの場合もあるでしょう。
でも、そもそも
「なぜ、そうしなければいけないのか理解していない」
のかもしれません。
確認作業が少し早かったのかも知れません。
ほうれんそう以外のケースもあると思うのですが
上司がきちんと見ていないのに
『報告・連絡・相談』と言われることが
あまりにも多い気がします。

伝わっていますか?

『何でも相談しろ』
親身になった言葉のように聞こえますが、同じことが言えます。

その前に、コミュニケーションの取り方をきちんと教えていますか?
聞きたいこと・優先順位、目的と成果、関係者、効率、などなど
そして、全てが『相談しろ』でないケースもあります。

こんな抽象的な言葉が職場にはたくさんあります。

『なんでも相談しろって何度言わせるんだ』
という考えではなく、
何度言っても伝わらないのだと考えるべきなんです。

仕事の基本はコミュニケーションです。
キャッチボールと同じで、
投げ手がいてはじめて受け手がいます。

言ったことではなく伝わったことが大切なんです。
指導する上司が話しても、部下に伝わらなくては、
コミュニケーションではなくなってしまいます。

そう考えたら・・

『本当にあいつは何回言っても出来ねえな』
なんていう言葉は出てこないはずなんです。

どうやったら、あの部下に伝わるんだろうか・・・
私は、日々、そういうことを考えている経営者でいたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*