コミュニケーション

「雇っているのだから、俺の指示はすべてやれ」という社長・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『仕事はいくらでも増やせる』
勘違いしている経営者の方に多いのですが、「雇っているのだから、俺の指示はすべてやれ」なんて言う社長がいます。

そして、今の時代のように「働き方改革」なんて言葉を都合の良いように捉えて、「残業するな」「仕事を早くしろ」「もっと効率上げろ」なんて言っている経営者がいます。

働き方改革とは、別に国が主導でやるべき事ではなく、自社で常に取り組むこと。
その為には、会社の状況を全社員が知っている必要があります。

誰がどのような仕事をしているのか?

それは、「○○という目的があるから」と…

一人ひとりが、自分の仕事も周りの人の仕事も「なぜ、その仕事が必要なのか」そして、その仕事からの連携で会社が回っている。(お客さんに喜んで貰っている)しかし、一人ひとりが自分のコトだけを考えて、「連携」を無視した仕事をしたらどうなるでしょう?
仕事は滞り、様々な仕事に支障が出てしまい、結果的にお客様から「クレーム」になってしまったり、最悪な場合は「取引がなくなってしまう」ことに繋がりかねません。

天の声は繋がりを切ってしまう

経営のトップが、自分の勝手な想いだけで人を動かそうとすると必ず問題が起きてしまいます。それは何故か?
答えは簡単です。
会社に居る人は、皆それぞれ「仕事を持っています」役割りが決まっている訳ですが、経営者の一言で「仕事が追加」されてしまうと、今までやっていた仕事が停滞する事になります。その人の仕事が一つ停滞すると、その次に待っている連携される筈の人の仕事も停滞するようになるでしょう。

あれもこれも仕事の指示をしてしまう経営者の方は注意が必要です。指示するなら、全体の流れを理解して必ず「優先順位」を伝えましょう。今すぐやる仕事なのか? 今後、この仕事を増やすので業務のスケジュールや担当者の配置換えや仕事の分量を分配する。などなど…

社内業務の「和」を乱さないことに注意を払うべきです。

言われた社員は、殆どの場合は「はい、わかりました」と返事します。しかし、その仕事はやりません。何故か、今までの仕事が停滞してしまい、社内の同僚や上司から圧力を受けるので、そちらを優先するのです。人は自分の居る場所を守ろうとします。それが、社長命令であっても、周りの人との関係を、職場の空気感を読み取って判断します。

社長、あなたのその指示ちゃんと届いていますか?

コメントを残す

*